So-net無料ブログ作成
教育 ICT ブログトップ

佐賀の高校でトラブル続出?ダウンロードが遅い原因とは? [教育 ICT]

佐賀県の公立高校で導入されたタブレット端末ですが、さっそく問題が起こってほれみたことかと言われています(^_^;)



今春から新入生全員がタブレット端末を購入することになった佐賀県の県立高校全36校のうち34校で、教材ソフトのインストールが終わらず、授業への本格活用が予定より最短で約2週間遅れる見通しになった。ソフトの容量が大きく、授業時間内にダウンロードが完了しなかったためという。



参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140503-00000001-asahi-sci



佐賀県の高校が導入したタブレットって?



今年の春から佐賀県の県立高校でタブレット端末を授業で活用するというニュースが昨年話題になりました。



県教育情報化推進室によると、端末の基本ソフトはウィンドウズ8に決まっているものの、ハードのメーカーや導入するデジタル教材、最終価格は入札で決定する。ただ、「5万円を下回ることはない」(同推進室)ことから、生徒の自己負担額を5万円に設定した。



参考:http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2544580.article.html



このニュースが出たとき、家庭によって事情が異なるから5万は高いんじゃないか?という意見もありましたね。



確かに、タブレット端末は安いものなら数万円でありますから。



で、そんなに高いタブレットってどういうものなの?ってことが気になります。



どうやらこれのようです。



>>ARROWS Tab Q584/H富士通 ARROWS Tab Q584/H FARQ02005(楽天での価格)



実際は、高校で使うために一部カスタマイズされているため、市場に出ているのとは異なるそうですが、普通に買うと10万を超える端末なんですか。。。



不具合・トラブルの詳細とは?



不具合とかトラブルとか言われているのは、授業で使う教材ソフトのダウンロードに予定外の時間がかかったことです。



50分の時間内にダウンロードを終える予定が8時間かかる学校もあったとか。



ネット上では、色々なヤジが飛んでおりますが、根本的な原因は、ネットワーク回線だと思います。



どういうネットワーク環境を構築していたのかは分かりませんが、教室に無線LAN環境を構築しておいて、教室にいる全生徒が一斉にWi-Fi経由で教材をダウンロードしようとしたんだと思います。



当然回線が混み合ってダウンロードに時間がかかりますね。



指摘があるように、事前に教材をダウンロードしておくとか、こういう時のためにUSBなど別媒体でインストールできるように対策するとかは必要だったのではと思ってしまいます(^_^;)



準備に甘さがあったのかなあとは思いますが、こういうことをいい経験にして教育現場へのICT導入が進めば良いと思いますね。



>>絶対解決Wi‐Fi & LANの遅い繋がらない! PRIME MASTER SERIES / 村松茂 (詳細はコチラ)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
教育 ICT ブログトップ
広告スペース
Copyright © トレンドニュースが気になって仕方ない! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。